冷え性に漢方・便秘に漢方・ひざ痛に漢方・腰痛に漢方・ひきこもり・鬱に漢方・夜間頻尿に漢方・あなただけの漢方処方 漢方薬通販・漢方薬販売・漢方相談ドラッグハラダ 

【漢方薬局ドラックハラダ】 漢方相談 冷え性 便秘 腰痛 夜間頻尿 風邪
漢方について 漢方相談・冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿・
漢方とは?
何故、漢方なのか?
漢方薬の選び方
相談事例
取扱い商品一覧(ショッピング)
取扱い健康食品一覧(ショッピング)
冷え性でお悩みの方【冷え性専門薬局】
どうして冷え性になるの?
冷え性を改善するには?
冷え性 漢方通販(ショッピング)
冷え性に漢方と新薬
取扱い化粧品(アルージェ・ジュレリッチ)
便秘でお悩みの方【便秘専門薬局】
どうして便秘になるの?
便秘を改善するには?
便秘 漢方通販(ショッピング)
便秘に漢方と新薬
パンチャカルマハーブダイエット
特選商品お問い合わせ通販   (ルミンA・オイスター・通販)
ひざ痛・腰痛でお悩みの方【ひざ痛・腰痛・相談専門薬局】
どうして腰痛になるの?
腰痛を改善するには?
どうして膝痛になるの?
膝痛を改善するには?
腰痛・膝痛 漢方通販(ショッピング)
風邪 漢方通販(ショッピング)
漢方薬局ドラックハラダ 冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿
夜間頻尿・頻尿・尿漏れを治すには?
漢方相談シート
店主あいさつ
店舗紹介 会社概要
健康情報コラム
相互リンク集
冷え性、便秘、ひざ痛、根本的に治しませんか?

冷え性・便秘・ひざ痛・腰痛・風邪・夜間頻尿・皮膚病!漢方相談

クレジットカードご利用で来ます。簡単ですメールでお支払いが出来るpaypal一度登録するだけでどこの店舗でも利用できる。暗証番号を何回も入れないから安心です。     VISA MasterCard JCB AMERICAN EXPRSSなどさまざまなクレジットカードに対応!ご利用いただけます。

クレジットカードでのお支払いご希望の方はペイパルにご登録お願いいたします。
冷え性・便秘・ひざ痛・腰痛・夜間尿・頻尿



  漢方の種類(剤形)
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

漢方薬の剤形には次のような種類があります。

(1)「湯剤」 土瓶などに生薬と水を入れて加熱し、生薬の成分を抽出する
   いわゆる「煎じ薬」のことです。

(2)「散剤」 生薬を粉末にして混合したものです。

(3)「丸剤」 生薬を粉末にしたものにはちみつなどを加えて丸く固めたもの
   です。

(4)「エキス剤」 湯剤、散剤、丸剤として服用されていたものからエキスを抽出
   し、水分を蒸発させて乾燥エキスとして、西洋薬と同じように錠剤、顆粒剤、
   カプセル剤に加工したものです。これを漢方エキス製剤といいます。

  漢方の名前の由来

漢方薬の名前にはそれぞれ意味があるのでどうしても複雑になります。名前の付け方には次のようなものがあります。

(1)配合されている主な生薬の名前に由来するもの...葛根湯、麻黄湯など

(2)その薬の効果を表しているもの...補中益気湯-おなか(中)を補って元気を益す効果がある。

(3)(1)と(2)の両方...半夏瀉心湯-半夏という生薬が配合され、心(みぞおちのあたり)の詰まった余分なものを取り除く、又は心のもやもや(精神神経症状、不安)を取り去る(瀉しゃする)
効果があるものです。
フジンゲ、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

 漢方薬の基本的な考え方は「治癒力」を高める事にあります。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

よく「漢方」イコール「漢方薬」と思っている方がいますが、漢方薬は漢方医学という東洋医学の一部で、他に針灸、養生、按摩、気功・太極拳なども、漢方医学の治療法です。東洋医学を知ろうとするには。「黄帝内経、素問、霊枢、難經」こうていないけい、そもん、れいすう、なんぎょう「傷寒論」しようかんろん「金匱要略」きんきようりゃくなどを勉強しなければ理解できません。西洋医学とは考え方が違いますから、初めのうちはほとんど理解できません。それでも何回も読んでいるうちに諸先輩の教えにより、こう言う事なのだと気がつく、「陰陽論」いんようろん「五行説」ごぎょうせつ(五行相性相克説)「臓腑経絡」ぞうふけいらく「経穴」けいけつ東洋医学は
これらはみな、誰もがもともと持っている、病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高め、からだを整えることを基本にしています。

 漢方薬は一人ひとりの個人差を重視して、使い分けています。

そのため漢方は、病名で診断することだけでなく、患者さん一人ひとりの体質や病気の状態を見きわめながら、最適な漢方薬を使い分けていく、いわゆる「オーダーメイド」の治療だといえましょう。ですから、同じ病気でも患者さんの状態によってのむ薬が違ったり(同病異治)、ひとつの薬がいろいろな病気に応用される (異病同治)こともあります。一般に市販されている漢方薬は必ず「効能効果」が記載されていますが、代表的な葛根湯の効能は感冒、鼻かぜ、肩こり、頭痛、です。傷寒論に書かれている葛根湯の条文では
太陽病脈証併治中第六・一条「太陽病項背強几几無汗悪風葛根湯主之」たいようびょうこうはいごうしゅしゅとしてあせなくおふうするはかっこんとうこれをつかさどる太陽病というのは太陽の経に邪を受けて発病していると言う意味(つまり病のはじめ)でうなじや背中が強張って「几几」と言うのは水鳥が飛び立つ時の首の状態に似ている、風邪を引くと肩をすくめたりしますね、その状態を言っている。汗なくて悪風(寒気)する者に葛根湯は効くのだと書いてあるのです。
つまりジンワリ汗が出ている人には使ってはいけないと言う事です。汗が出ている人、その時は桂枝湯を使う事が多い。風邪を引いても人それぞれ症状が違います。体力の無い人は悪風もせずに身体の中に邪が入り込みます、その時は下痢をしたり、腹痛を起こし食欲がなくなったりします。葛根湯を用いる時は食欲は落ちません、すべて薬方が違います。邪が体表面にいる場合は、発汗して治します。葛根湯を飲んで布団の中でじっとしていれば発汗します、下着を何回も取り替えればスッキリ治ります。桂枝湯の時は、発汗作用が少ないのでおかゆ、又はおもゆをすすります。うっすらと発汗して邪を追い出して治ります。邪が内(体内)に入り込んだ時は温めたり、(瀉)下したりして治します。それぞれ、その人の体力や、そのときの状況により治し方が違います。一家族が風邪に順番にかかり病院に行き、お薬を処方されたが、よくよく見たらみんな同じ薬だったということは、漢方の場合はありません。傷寒(風邪)に例をとっていますが他の病気についても考え方は同じです。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

 民間薬は、生活の知恵で伝えられてきた薬です。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

「民間薬」とは、ゲンノショウコがお腹にいいとか、ドクダミが肌にいいなどと、身近な植物をある症状に使ってきたもので、普通は一種類の植物だけを使います。
昔からの経験を言い伝えた、いわば生活の知恵で、お医者さんが処方薬として用いることはありません。また、最近ブームになっているハーブも、ヨーロッパなどの生活に古くから根づいている民間薬で、料理や健康増進のために利用されています。

            「漢方相談」ドラッグハラダ
★★★病院に行ってもなかなか治らない「冷え性」「便秘」「ひざ痛」「腰痛」「夜間頻尿」「皮膚病」ご相談ください。★★★

一度ご相談下さい。

 漢方薬は、これからの高齢社会に適した薬です。

これに対して漢方薬は、数千年にわたる効き目や安全性に関する長い経験に基づいて、特有の理論体系を築き上げ、その理論と患者さんの症状に応じて、いくつもの生薬を組み合わせて使うようになっています。そのため、一つの漢方薬でさまざまな症状を治し、複合的な効果を期待することができます。
まさに、高齢社会を迎えて、いくつもの症状をかかえ、たくさんの薬をのまなければならないお年寄りに適した薬だといえましょう。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

 科学的な研究も進み、漢方薬を使う先生が増えています。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

さらに漢方薬は、西洋医学では対処しにくい半健康状態から慢性疾患にいたるまで、広い症状に対処できることが、多くの先生方に認められるようになりました。
このように、広く使われ、科学的な研究も進むようになってきて、漢方薬が今の医療にとって大切な薬であることが、西洋医学からも認められてきています。
現在、多くのお医者さんが日常の診療で漢方薬を使っており、大学病院や総合病院でも漢方外来をもうける施設が増えてきています。

 漢方が注目されているのには、大きく二つの理由があります。

1つ目は、情報化時代と呼ばれる今、簡単に薬の情報が手に入るようになってきました。薬の使い方によっては好ましくない作用(副作用)が出たり、かえって健康を害するようなことも起こることが、広く知られてきています。
より安全な薬を使いたいという思いは、患者さんにも医療関係者にも共通した願いになり、漢方薬がクローズアップされてきました。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

 漢方エキス製剤の登場により、普及しやすくなりました。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

2つ目は、漢方エキス製剤の登場です。生薬を煎じて濃縮し、乾燥させた漢方エキス製剤ができて、煎じる手間がはぶけ、簡単にのめるようになりました。
同時に携帯にも便利になったため、漢方薬は急速に普及・定着しました。
また、生薬は品質がバラついたり、虫やカビがついて変質したりしやすいものですが、漢方エキス製剤ではこうした品質の問題も解決することができ、安心してのめるようになりました。

 新薬と漢方薬の長所を生かした治療法が、進んでいます。

このような病気に対して、新薬だけでは十分な対応ができないことも多く、漢方薬の役割が期待されるようになってきました。
すなわち、新薬を患者さんの症状の数に応じていくつも処方するのではなく、新薬に漢方薬を加えていろいろな症状にうまく対処したり、漢方薬を中心に治療し、急性期などの要所要所に新薬を使い、お互いの長所を生かすなどの、新しい治療法が取り入れられてきています。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

 新薬と漢方には、それぞれ得意とする症状や病気があります。
当帰芍薬散、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

新薬(西洋薬)の多くは、有効成分が単一で、切れ味が鋭く、即効性があるため、感染症の菌を殺す、熱や痛みをとる、血圧を下げる、といった一つの症状や病気に対する直接的な治療に適しています。病気の症状は早く取れるとおもいます。
一方、漢方薬は、いくつもの生薬を組み合わせて作られた薬です、急性的や慢性的な病気の原因はどの臓器から波及したのか、また急性的な症状は(寒邪)(風邪)(湿邪)(燥邪)(暑邪)などどの邪に侵され、どの経絡に進んだかを診て、その邪を発汗や瀉して追い出す。慢性的な病気の時はその臓や腑は何処に熱や、寒が及び、他の臓腑との関係を診て根本的な原因は何処の臓腑にあるかを診ます、またその人が生まれ持った体質を把握して全身的な病気の原因治療を行う、つまり病名がなくても症状さえはっきりすれば、漢方薬を処方する事が出来ます。
具体的には、血圧が高いと言う症状が出たとします。新薬は先ず血管拡張剤、カルシュウム拮抗剤、高圧利尿剤、などが考えられます、直ぐに血圧が下がります。東洋医学は高血圧の原因は血そのものに原因があると考え、なぜ血に熱を持っているかを診ます、ストレスから肝に熱を持ったのか、年齢から腎に虚熱が発生して血に熱を持ったのか、血が停滞しているのかを色々な問診や望診などで探り当てます、その熱が実熱なのか、虚熱なのかによりまた薬方が違います。

  漢方薬と西洋医薬

東洋医学の中に、漢方医術という漢方薬と鍼灸(はり・お灸)を用いて病気の 治療をする、2000年以上前から伝わる医学があります、
単に病気だけを治療する 目的にして出来上がったものではないわけで。
予防医学も含まれているわけです。
したがって導引・按摩(マッサージ)や食事療法(薬膳)などの養生法も 含まれています。
そのなかで漢方薬は経験医学として発達してきたわけです。
経験の、今で言う「臨床」実験の積み重ねです。
なお且つ自然界にある草根木皮
が主に用いられ、一部に動物薬や鉱物薬などを用いて、
煎じ薬が多いのですが、
散剤・丸剤・にして用います。漢方医学は自然哲学的考えにより、
自然との調和、順応と言う形で生命をとらえている。
天は、もく・金きん ・水すい・の五行の法則をもって、
この地上に東・南・中央・西・北・の五位を運営し、
また、ふう・暑しょ・湿しつ・燥そう・寒かん
の五気を生じて、生けるものをはぐくみ育てている。
人は、この天の影響のもとにあってその身体を保ち、
生命を維持しているのである。
すなわち、体内にはかん・心しん・脾・肺はい・腎じん
の五臓があって、この五臓にはそれぞれにひとつづつの気があり、
この五臓に気は地に生じた飲食物のさん・苦・甘かん・辛しん・鹹かん
五味を取り入れてそれによって出来るものであり、その結果、
それぞれの臓には・喜・思・憂ゆう・恐きょう
とよぶ精神的な働きが生まれてくる、
と言う東洋医学独特な考え方があります。
(黄帝内経素問)こうていないけいそもん
それに対して西洋医学は病人を治すということより、
むしろ病気の本態解明のため
各臓器を局所的とも言える観点からとらえている。
陰陽とか五行とか言うと難しくとらえてしまいがちだが、
治ると言う事実は確実にあるわけです。

  漢方の選び方(1)
双参、あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

基本的にくすりは飲まないほうが良いと考えています。
特に対症療法(症状を抑える化学薬品)は不要だと考えますが、自然界にある漢方薬もくすりと名が付く以上副作用はない訳ではないのですが。
症状だけを診て漢方薬を選択する方法は間違いが起きるかもしれないと思います。
なぜそのような病証になったか?病因を知り、その原因で身体の気・血・津液がどの位置でどのような状態になった時にこの病証が現れたのかを知る事によって、漢方薬を選択しなければならないと思います。

漢方の選び方は、自分の体質、生活習慣、症状にあったものを選ばないといけません。
冷え性便秘下痢ひざ痛腰痛・の項目で治し方を一部紹介しています、病証だけにとらわれず病因、病理を知り漢方薬の中の各生薬一つ一つがどのような働きをするかをあわせて知り、もともとの体質や、どの臓腑経絡ぞうふけいらくに熱や冷えが及んだのかを知り、今現在の病証と照らし合わせ漢方薬を選択しなければ新薬と違い(新薬は症状に対してはある程度万人に効果がありますが)漢方薬で治す事は出来ません。
初めての方は、まずはご相談ください。
今のあなたに最適な漢方を処方いたします。

漢方通販・漢方販売・【漢方相談ドラッグハラダ】

病院に行ってもなかなか治らない「冷え性」「便秘」「ひざ痛」「腰痛」「夜間頻尿」「皮膚病」ご相談ください。


一度ご相談下さい。



相談された方の声(相談事例) >>つづき
「漢方相談」ドラッグハラダのTOPページへ>>

相談シートへ >>

漢方通販・漢方販売・【このページの】TOPへ↑

COPYRIGHT©2006 漢方通販・漢方販売の漢方相談ドラックハラダ ALL RIGHTS RESERVED.