冷え性に漢方・便秘に漢方・ひざ痛に漢方・腰痛に漢方・ひきこもり・鬱に漢方・夜間頻尿に漢方・あなただけの漢方処方 漢方薬通販・漢方薬販売・漢方相談ドラッグハラダ 

【漢方薬局ドラックハラダ】 漢方相談 冷え性 便秘 腰痛 夜間頻尿 風邪
漢方について 漢方相談・冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿・
漢方とは?
何故、漢方なのか?
漢方薬の選び方
相談事例
取扱い商品一覧(ショッピング)
取扱い健康食品一覧(ショッピング)
冷え性でお悩みの方【冷え性専門薬局】
どうして冷え性になるの?
冷え性を改善するには?
冷え性 漢方通販(ショッピング)
冷え性に漢方と新薬
取扱い化粧品(アルージェ・ジュレリッチ)
便秘でお悩みの方【便秘専門薬局】
どうして便秘になるの?
便秘を改善するには?
便秘 漢方通販(ショッピング)
便秘に漢方と新薬
パンチャカルマハーブダイエット
特選商品お問い合わせ通販   (ルミンA・オイスター・通販)
ひざ痛・腰痛でお悩みの方【ひざ痛・腰痛・相談専門薬局】
どうして腰痛になるの?
腰痛を改善するには?
どうして膝痛になるの?
膝痛を改善するには?
腰痛・膝痛 漢方通販(ショッピング)
風邪 漢方通販(ショッピング)
漢方薬局ドラックハラダ 冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿
夜間頻尿・頻尿・尿漏れを治すには?
漢方相談シート
店主あいさつ
店舗紹介 会社概要
健康情報コラム
相互リンク集
貴方の冷え性・便秘・かぜ・ひざ痛・腰痛・その他・皮膚病などご相談下さい。


「漢方相談」ドラッグハラダのサイトへようこそ、皆様に、よりご満足いただけるサイトを目指しますので宜しくお願い致します。



出来る限りお客様のご要望にお答えいたします。ご意見お聞かせ下さい。

クレジットカードご利用で来ます。簡単ですメールでお支払いが出来るpaypal一度登録するだけでどこの店舗でも利用できる。暗証番号を何回も入れないから安心です。     VISA MasterCard JCB AMERICAN EXPRSSなどさまざまなクレジットカードに対応!ご利用いただけます。

クレジットカードでのお支払いご希望の方はペイパルにご登録お願いいたします。
漢方相談ドラッグハラダ
【ご来店の際には必ず事前にお電話又はメールにてご予約下さいますようにお願い致します】

漢方相談予約03-3678-7110

店舗名

ドラックハラダ
店舗販売業

薬局・店舗の管理者名

代表取締役 原田 美好

所在地

〒133-0064 篠崎店  東京都江戸川区下篠崎町9−9メゾン優美101
〒133-0044 本一色店 東京都江戸川区本一色2−7−18
(本一色店ではインターネットでの販売はしていません)

設立

創業 昭和58年10月 平成7年10月 有限会社組織

 緊急連絡先    漢方相談・ご注文・応需時間

篠崎店 03-3678-7110 
               電話でのご相談、ご注文は 9:00〜19;00まで
                メールでのご相談、ご注文は 24時間受付
     
                  お問い合わせ・漢方相談予約

営業時間

平日 9:00〜19:00
定休日 日曜

店舗許可番号

12江衛薬01第18号
有効期間 平成24年6月01日〜平成30年5月31日

取扱い医薬品の区分

指定第二類医薬品 第二類医薬品 第三類医薬品

店舗に勤務する薬剤師・登録販売者の別、氏名、担当業務等

登録販売者(白衣に名札) 店舗スタッフ(ユニホームに名札)
(篠崎店)勤務時間9:00〜19:00
(常勤)原田美好(販売・相談係)
(非常勤)勤務時間(0)佐藤 真(販売) 佐藤愛美(販売) 



(本一色店)勤務時間7:30〜19:00(常勤)原田和美(相談係・販売)
一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

要指導医薬品、第一類医薬品、指定第A類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の定義及び解説
要指導医薬品とは医療機関専用でない医薬品として製造販売の承認を受けてから一定期間を経過していない医薬品及び毒薬、劇薬
第一類医薬品とは一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全上特に注意を要する成分を含むもの。
(例)H2ブロッカー含有医薬品、一部の毛髪用医薬品など
指定第A類医薬品とは一般用医薬品中比較的リスクが高く、特に注意を要する医薬品
(例)主な風邪薬、解熱鎮痛薬、解熱鎮痛剤など
第二類医薬品とは一般用医薬品中比較的リスクが高い医薬品
(例)漢方薬など
第三類医薬品とは日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。
(例)ビタミンB、C含有保健薬、整腸剤など
要指導薬品、第一類医薬品、指定A類医薬品」、第二類医薬品及び第三類医薬品の表示に関する解説」 表記する一般用医薬品のリスク区分ごとに、「要指導医薬品」、「第一類医薬品」、「指定第A類医薬品」「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。 第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については、「二」の文字を枠で囲みます。 一般用医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。 また、直接の容器又は直接の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。
サイト上の表示について一般用医薬品のリスク区分ごとに各商品に「要指導医薬品」、「第一類医薬品」、「指定第A類医薬品」、「第ニ類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を表記します。
要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説
要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品にあっては、各々情報提供の義務・努力義務があり、対応する専門家が下記の表のように決まっています。
医薬品のリスク分類 質問がなくても行う情報提供相談があった場合の応答対応する専門家
要指導医薬品、第一類医薬品、 義務 薬剤師
第二類医薬品 努力義務 薬剤師又は登録販売者
第三類医薬品 不要
指定第二類医薬品の販売サイト上の表示等の解説および禁忌の確認・専門家へ相談を促す表示、
サイト上では、指定第二類医薬品の表示を商品ごとに表示します。また、すべての指定第二類医薬品について、禁忌事項の確認を促すための表示、注意喚起を行っています。特に小児、高齢者他、商品ページ内または注意喚起を促すページ内の禁忌事項に該当する場合は、重篤な副作用が発生する恐れがあるため、薬剤師また登録販売者までお尋ねください。 (注意喚起を促す表示の例)この医薬品は指定第A類医薬品です。小児、高齢者他、禁忌事項に該当する場合は、重篤な副作用が発生する恐れがあります。詳しくは、薬剤師または登録販売者までご相談ください。
一般用医薬品の店頭での陳列に関する解説 要指導医薬品、第一類医薬品を、要指導医薬品、第一類医薬品陳列区画(新構造設備規則に規定する要指導医薬品、第一類医薬品陳列区画をいう)に陳列します。 また、第二類医薬品、第三類医薬品については、それらが混在しないように陳列します。
要指導医薬品、について
定義(薬事法第4条第5項第3号)要指導医薬品、次のイからニ迄にあげる医薬品(専ら動物のために使用されることが目的とされているものを除く)のうち、その効能効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医療関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされるのもであり、かつ、その適正な使用のために薬剤師よる対面による情報の提供及び薬学的見地に基づく指導が行われることが必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審査会の意見を聴いて指定する物を言う。
イ)その製造販売の承認に際して第14条第8項第1号に該当するとされた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから、厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
ロ)その製造販売の承認に際してイに揚げる医薬品と有効成分、分量、用法、効能、効果等が同一性を有すると認められた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから、厚生労働省令で定める期間を経過しないもの
ハ)第44条第1項に規定する毒薬
ニ)第44条第項に規定する劇薬
(2)要指導医薬品の販売に際して確認する事項@年齢A他の薬剤又は医薬品の使用状況B性別C症状DCに関して医師又は歯科医師の診断を受けたか否かの別及び診断を受けたことがある場合はその診断の内容E現にかかっている他の疾病がある場合は、その病名F妊娠しているか否かの別及び妊娠中である場合は妊娠週数G授乳しているか否かの別H当該要指導医薬品に係る購入、譲り受け又は使用の経験の有無I調剤された薬剤又は医薬品の副作用その他の事由によると疑われる疾病にかかったことがあるか否かの別並びにかかったことがある場合はその症状、その時期、当該薬剤又は医薬品の名称、有効成分、服用した量及び服用の状況 Jその他、情報の提供及び指導を行うために確認が必要な事項
(3)販売方法
@購入者が本人かどうか確認するA購入者及び使用者の、他店からの購入状況を確認するB適正な使用のために必要と思われる数量に限り販売するC購入者が提供された情報及び指導を理解し、質問がないことを確認するD購入者及び使用者から相談があった場合は、販売前に情報提供及び指導を行うE販売した薬剤師の氏名および薬局の 連絡先を伝える

一般用医薬品の使用期限
使用期限まで365日以上ある医薬品をお届けします。
販売記録作成に当たっての個人情報利用目的 医薬品の販売記録作成にあたっては、当社個人情報保護方針に従い適法かつ、適切に取り扱います。
医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説 【健康被害救済制度】 独立行政法人医薬品医療機器総合機構は医薬品、生物由来製品による健康被害の救済に取組んでいます。 http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html 【救済制度相談窓口】 電話 0120-149-931(フリーダイヤル 相談受付 9:00-17:30) 電子メール:kyufu@pmda.go.jp
【医薬品副作用被害救済制度】 くすりの副作用による健康被害には、医薬品副作用救済制度が適用されます。 これは、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、有効性と安全性のバランスの上に成り立っているという特殊性から、使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、この医薬品副作用被害救済制度です。この医療費等の給付に必要な費用は、許可医薬品製造販売業者から納付される拠出金が原資となっています。 詳しくはこちら、http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai/help.html 薬剤師資格確認検索システム 以下サイトで薬剤師の資格確認が行うことができます。 http://yakuzaishi.mhlw.go.jp/search/
江戸川保健所 連絡先 電話 03-3658-3177

販売数量の制限について

濫用のおそれがある医薬品は数量制限させていただきます。せき止め、鼻炎薬、鎮痛剤など、基本的に1個までとさせていただきます。
以下に掲げるもの、その水和物及びそれらの塩類を有効成分として含有する製剤
1)エフェドリン
2)コデイン(鎮咳去痰薬に限る)
3)ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る)
4)ブロムワレリル尿素
5)プソイドエフェドリン
6)ネチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内服液剤に限る)

個人情報のお取扱いについて

個人情報保護方針
お客様の個人情報はいかなる場合でも第三者への提示は致しません。
個人情報の利用
許可を頂いたお客様のみダイレクトメール催事等のご案内に利用させていただきます。
個人情報の削除
お客様のお申し出により削除させていただきます。
その他個人情報の保護に関する法律第15条から第29条を尊守します

主要取引先

大正製薬株式会社・全薬工業株式会社・エスエス製薬株式会社・
佐藤製薬株式会社・JPS製薬株式会社・ゼリア新薬株式会社・
タキザワ漢方廠株式会社・松浦漢方株式会社・
ムサシノ製薬株式会社・森田薬品工業株式会社・明治薬品株式会社・株式会社ワタナベオイスター研究所・大昭製薬株式会社・
ゼネル薬品工業株式会社・ 株式会社カイゲン・伊丹製薬株式会社・
株式会社医食研究所・ 星製薬株式会社・株式会社大木
(武田薬品株式会社・第一三共株式会社・)アルフレッサ株式会社
(エーザイ株式会社・小林製薬株式会社・)

実店舗
実店舗店内
現在勤務している薬剤師又は登録販売者の別及びその氏名

登録販売者 原田 美好

Google地図  篠崎店
大きな地図で見る
Google地図  本一色店
大きな地図で見る

お車でお越しの場合はご連絡いただければ駐車場をご用意させて頂きます。地図画像
COPYRIGHT©2006 漢方通販・漢方販売の漢方相談ドラックハラダ ALL RIGHTS RESERVED.