冷え性に漢方・便秘に漢方・ひざ痛に漢方・腰痛に漢方・ひきこもり・鬱に漢方・夜間頻尿に漢方・あなただけの漢方処方 漢方薬通販・漢方薬販売・漢方相談ドラッグハラダ 

【漢方薬局ドラックハラダ】 漢方相談 冷え性 便秘 腰痛 夜間頻尿 風邪
漢方について 漢方相談・冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿・
漢方とは?
何故、漢方なのか?
漢方薬の選び方
相談事例
取扱い商品一覧(ショッピング)
取扱い健康食品一覧(ショッピング)
冷え性でお悩みの方【冷え性専門薬局】
どうして冷え性になるの?
冷え性を改善するには?
冷え性 漢方通販(ショッピング)
冷え性に漢方と新薬
取扱い化粧品(アルージェ・ジュレリッチ)
便秘でお悩みの方【便秘専門薬局】
どうして便秘になるの?
便秘を改善するには?
便秘 漢方通販(ショッピング)
便秘に漢方と新薬
パンチャカルマハーブダイエット
特選商品お問い合わせ通販   (ルミンA・オイスター・通販)
ひざ痛・腰痛でお悩みの方【ひざ痛・腰痛・相談専門薬局】
どうして腰痛になるの?
腰痛を改善するには?
どうして膝痛になるの?
膝痛を改善するには?
腰痛・膝痛 漢方通販(ショッピング)
風邪 漢方通販(ショッピング)
漢方薬局ドラックハラダ 冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿
夜間頻尿・頻尿・尿漏れを治すには?
漢方相談シート
店主あいさつ
店舗紹介 会社概要
健康情報コラム
相互リンク集
腰痛専門薬局 ドラグハラダ 今まで300名以上の方から喜ばれています。あきらめないで下さい。必ずよい結果が出ます。
当店は 楽天・Yahoo・Amazon・などのショピングモールに所属いておりませんその分の手数料をお客様に還元いたします。

「漢方相談」ドラッグハラダのサイトへようこそ、皆様に、よりご満足いただけるサイトを目指しますので宜しくお願い致します。



出来る限りお客様のご要望にお答えいたします。ご意見お聞かせ下さい


 貴方の冷え性・便秘・ひざ痛・皮膚病・ここで治しませんか?

  「腰痛」「ひざ痛」で多くの人が悩んでいます

自覚症状で一番多いのが「腰痛」です、2番目に「肩こり」、3番目に
「ひざ痛」
です。身近な人でこれらの症状で悩んでいる人が居りましたら。
「漢方相談」ドラッグハラダのこのサイトを紹介してください。きっと参考になると思います。
ここではおもに原因について書きました。次のページ腰痛を改善するには?に一部治し方と養生法について書いてあります参考にしてください
貴方の冷え性・便秘・ひざ痛・皮膚病・ここで治しませんか?

  腰痛の原因・・・・

変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)とは?]   加齢による背骨の変化、職業上長時間同じ姿勢を取る場合やスポーツなどによる腰部の背骨への負担が原因になります。腰の背骨が変形して神経を圧迫し、腰痛や足の痛みを引き起こす病気です。脊椎の間にある椎間板の変化に続いて、そこに接する脊椎の骨自体が増殖し骨がトゲの様になったり、厚くなったりして神経を圧迫することにより症状があらわれます。 「根本的原因としては」 プロテオグリカン(グルコサミンとコンドロイチンなど)と呼ばれる化合物やコラーゲンの不足によって起こると考えられています。これらの物質は通常、体内で豊富に生成されています。ところが、加齢や関節の負傷が原因で、私たちの体がこれらの物質を十分に生成できなくなる場合があり、古い軟骨の消耗と新しい軟骨の生成とのバランスを維持できなくなることがあるのです、もちろん筋肉量筋力の低下も影響します。
ひざ痛専門薬局 ドラグハラダ 今まで300名以上の方から喜ばれています。あきらめないで下さい。必ずよい結果が出ます。

 腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は、脊柱(背骨)の骨と骨の間にある軟骨です。柔らかなゼリー状の周りに丈夫な組織で包まれている構造になっています。背骨に加わる衝撃を吸収役割をしています。この椎間板に衝撃が加わったりして中の髄核(ずいかく)が飛び出ることがあります。これが「腰椎椎間板ヘルニア」です。
(通称ぎっくりといわれている事もあります。)この飛び出た髄核が周りの神経を圧迫しさらにヘルニアの周囲に炎症が起こることで、猛烈な痛みが発生します。右の図でもわかるように、第4腰椎と第5腰椎の間で発生する確率が最も高く若い人から高齢者まで発生します。

 ヘルニアはなぜ起こる?

に負担をかけたり、筋肉の量と筋力が減っていると起こりやすい、寝ているときと、立っている時では(椎間板)にかかる体重負担がかわります、特に前かがみの姿勢や重いものを持てばより負担がかかります。
この時腰椎を支えている腹筋背筋が弱いとよりにかかる負担が大きくなり、「腰椎椎間板ヘルニア」が起こりやすくなると考えられます。
長い間座り続ける、バスやタクシーの運転手に腰椎椎間板ヘルニアが多いのはこのことが原因とも言われています。
腰椎椎間板ヘルニア

 ぎっくり腰
コラーゲンハイグレード

椎間板ヘルニアのところで、通称ぎっくり腰といわれることもあると書きましたが、なかには椎間板ヘルニアによる時もあるということです。
ほとんどのぎっくりは、重い荷物を持ち上げた時や体をひねった時などに、起こることがあります。これは、腰椎関節の捻挫のことが多いものです。
つまり関節が半ば外れかかった状態のことです。
ぎっくりのほとんどが腰骨関節を捻挫した状態なのです。でも長く痛みが続く場合は椎間板ヘルニアの疑いがあります。

 腰部脊椎症(ようぶせきついしょう)

腰部脊椎症は、背骨の老化現象によって起こるものです。中高年の腰痛の主な原因になっていると考えられます。年をとると骨全体や関節にさまざまな変性や変形が生じてきます。
老化現象は誰にでも起こることですが、なかにはの部分に症状が出る方も多いのです。部は動く範囲も広く、体重が常にかかるところですから負担が大きく、椎骨椎間板が障害されやすい原因になります。
この関節のつなぎめ接触面磨耗するために神経が圧迫されるようになり、痛みの原因になります。
腰痛専門薬局 ドラグハラダ 今まで300名以上の方から喜ばれています。あきらめないで下さい。必ずよい結果が出ます。

 坐骨神経痛
坐骨神経痛

坐骨神経は第4腰椎から仙骨(せんこつ)までの神経根、椎間孔(ついかんこう)という穴下側から下肢へのびています。この神経根圧迫されると、神経に沿って響くような痛みや、しびれ知覚障害筋力低下といった症状が現れます。坐骨神経痛のほとんどは、腰部の椎間板ヘルニア脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)が原因で起こります。椎間板ヘルニアが原因になっている場合は、片側の下肢に症状が現れます。
第4腰椎と第5腰椎の間の神経根が障害されると、お尻太ももの裏側から外側すねの内側足の親指の内側と続く部分がしびれなどの症状が現れます。
第5腰椎と仙骨の間の神経根の障害はお尻太ももの裏側すねの外側から前側足の甲親指に症状が現れます。
脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)が原因の場合は両側の下肢にしびれを伴う症状が現れます。長い間歩くと神経根の圧迫が強くなり下肢が動かなくなり、少し休むとまた歩けるようになる、などのことがあるのが特徴です。

 圧迫骨折

骨折には衝撃が加わって骨が折れることもあれば、骨そのものがもろくなってチョッとした負荷が加わりぐしゃりとつぶれる骨折があります。これが骨粗しょう症でよく見られる、圧迫骨折です。腰椎は常に上半身の重みが加わるため圧迫骨折が起こりやすいのです。圧迫骨折が腰椎で起こるとその周りの神経に刺激が加わり激しい痛みが起こります。
骨がつぶれないように、普段からカルシウムの補給を忘れないようにすることと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや骨に沈着しやすくするビタミンKを一緒に入ったカルシウム製剤を用いて不足を補うことも必要です。
圧迫骨折 カルシウム補給に電解カルシウム3本入り

漢方通販・漢方販売
あなたの人生が変わる、つらい肩こり、冷え性、偏頭痛、便秘、ここで治しませんか。

早くカルシウムを補給するために、カルシウム600rとマグネシウム300rビタミンD400IU鉄10rを含有したカタセマグ錠540錠
漢方通販・漢方販売
腰痛を改善するには?>>

漢方販売・漢方通販の【漢方相談ドラックハラダ】TOPへ
COPYRIGHT©2006 漢方通販・漢方販売の漢方相談ドラックハラダ ALL RIGHTS RESERVED.