冷え性に漢方・便秘に漢方・ひざ痛に漢方・腰痛に漢方・ひきこもり・鬱に漢方・夜間頻尿に漢方・あなただけの漢方処方 漢方薬通販・漢方薬販売・漢方相談ドラッグハラダ 

【漢方薬局ドラックハラダ】 漢方相談 冷え性 便秘 腰痛 夜間頻尿 風邪
漢方について 漢方相談・冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿・
漢方とは?
何故、漢方なのか?
漢方薬の選び方
相談事例
取扱い商品一覧(ショッピング)
取扱い健康食品一覧(ショッピング)
冷え性でお悩みの方【冷え性専門薬局】
どうして冷え性になるの?
冷え性を改善するには?
冷え性 漢方通販(ショッピング)
冷え性に漢方と新薬
取扱い化粧品(アルージェ・ジュレリッチ)
便秘でお悩みの方【便秘専門薬局】
どうして便秘になるの?
便秘を改善するには?
便秘 漢方通販(ショッピング)
便秘に漢方と新薬
パンチャカルマハーブダイエット
特選商品お問い合わせ通販   (ルミンA・オイスター・通販)
ひざ痛・腰痛でお悩みの方【ひざ痛・腰痛・相談専門薬局】
どうして腰痛になるの?
腰痛を改善するには?
どうして膝痛になるの?
膝痛を改善するには?
腰痛・膝痛 漢方通販(ショッピング)
風邪 漢方通販(ショッピング)
漢方薬局ドラックハラダ 冷え性・便秘・ひざ痛・風邪・夜間頻尿
夜間頻尿・頻尿・尿漏れを治すには?
漢方相談シート
店主あいさつ
店舗紹介 会社概要
健康情報コラム
相互リンク集
ひざ痛専門薬局 ドラグハラダ 今まで300名以上の方から喜ばれています。あきらめないで下さい。必ずよい結果が出ます。
当店は 楽天・Yahoo・Amazon・などのショピングモールに所属いておりませんその分の手数料をお客様に還元いたします。

冷え性・便秘・ひざ痛・腰痛・風邪・夜間頻尿・皮膚病!漢方相談

「漢方相談」ドラッグハラダのサイトへようこそ、皆様に、よりご満足いただけるサイトを目指しますので宜しくお願い致します。



出来る限りお客様のご要望にお答えいたします。ご意見お聞かせ下さい。


  「腰痛」「ひざ痛」で多くの人が悩んでいます。

自覚症状で一番多いのが「腰痛」です、2番目に「肩こり」、3番目に
「ひざ痛」
です。身近な人でこれらの症状で悩んでいる人が居りましたら。
「漢方相談」ドラッグハラダのこのサイトを紹介してください。きっと参考になると思います。
貴方の冷え性・便秘・ひざ痛・皮膚病・ここで治しませんか?

  こんな症状がありましたら読んで下さい。
貴方の冷え性・便秘・ひざ痛・皮膚病・ここで治しませんか?

@椅子から立ち上がる時にひざ関節がこわばる様な感じがする。または、カクと音がする。
A階段を降りる時にひざの内側が気になる。または痛みを感じる。
Bひざが歩いている時も痛みを感じる。ひざに水がたまっているように腫れた感じがする。
Cひざの曲げ伸ばしが出来ない。または、正座が出来ない。
こんな症状がありますと変形性ひざ関節症が考えられます。ここではおもに原因について書きました。次のページひざ痛を改善するには?に一部治し方と養生法について書いてあります。参考にしてください。

  膝痛の原因・・・・
ひざ痛専門薬局 ドラグハラダ 今まで300名以上の方から喜ばれています。あきらめないで下さい。必ずよい結果が出ます。

病院では「変形性関節症」「変形性膝関節症」
と診断される場合が多いのですが、
この「変形性」とは関節軟骨や椎間板の
老化現象のことです。軟骨の部分が薄くなり、
クッションの役割を十分に果たせなくなって
痛みを引き起こすのが殆どです。
この老化現象が20代を過ぎる頃から始まっていることが
最近解かってきました。「変形性膝関節症ひざの痛み
中高年が悩まされる代表的なの病気です、
患者さんの多くは慢性的なひざの痛みのために、
立ち座りがつらくなって、
日常生活に支障を感じるようになります。
原因はいろいろあります。
この病気に対処するには、ひざ
しくみや痛みが起こるしくみを
理解することが大切です。
ひざ関節は、全身の中で最も大きな関節です。
太ももにある大腿骨だいたいこつとすねにある脛骨けいこつをつないでいます。
この二つの骨の表面には厚さ3〜4oの
関節軟骨でおおわれています。
又、大腿骨と脛骨の間には半月板という軟骨が
ひざの複雑な動きを助けています。
「ひざのお皿」と呼んでいる膝蓋骨しつがいこつは、大腿骨と脛骨の間にあって、
ひざをスムーズに曲げ伸ばしできるように働いています。
そして、ひざ関節の周りは、関節包という袋で包まれています。関節包は滑膜かつまくという組織で内張りされています。この滑膜内の細胞は、関節液(滑液)を
分泌したり吸収したりする働きをしています。
関節液は軟骨に栄養を補給し、
関節の働きを助ける潤滑油として働いています。
また、ひざには4つの主要な靭帯じんたいがあります。
関節の中央で交差し、ひざの前後の揺れを防ぐ
前十字靭帯ぜんじゅうじじんたい後十字靭帯ごじゅうじじんたい。そして、関節の両側にあって
ひざの左右の揺れを防ぐ外側側副靭帯がいそくそくふくじんたい内側側副靭帯ないそくそくふくじんたいです。
靭帯とは、骨と骨をつなぐ繊維状の組織です。

ひざの動きは筋肉や靭帯が調節しています。
ひざを伸ばす筋肉は、太ももにある大腿四頭筋だいたいしとうきんです。
この筋肉の下方は、お皿とすねの骨を結ぶ膝蓋腱、しつがいけん
膝蓋腱と脛骨のつなぎ目である脛骨粗面けいこつそめんにつながっています。
大腿四頭筋から脛骨粗面までは、
全体としてひざを伸ばす働きを
担っており、これを「伸展機構」しんてんきこうといいます。
この筋肉や靭帯の栄養素がT型コラーゲンです、
グルコサミン製剤だけで改善しない人、
又コンドロイチン製剤だけで改善しない人は、
T型U型コラーゲンが入った製剤を選ぶとよいでしょう。

 1.加齢(老化とともに関節が変形してくる)
ひざ痛専門薬局 ドラグハラダ 今まで300名以上の方から喜ばれています。あきらめないで下さい。必ずよい結果が出ます。

年齢とともにひざ関節の軟骨がすり減る。関節軟骨とは、骨と骨のつなぎ目の表面を覆うやわらかい骨のことです。ひざに加わる衝撃を吸収するクッションとして働き、ひざの滑らかな動きを助けます。
関節が老化してくると、どうなるのでしょう? まず、軟骨の水分が少なくなり、弾力を失ってざらざらした不規則なひび割れができてきます。そこに過重な負担がかかると、軟骨はすり切れます。関節を動かすたびに硬い骨と骨とが直接ぶつかりあい、関節が痛むようになりますさらに負担や磨耗が続くと、関節全体の変形が起こってきます。ひざの痛み度合いも進行していきます。膝関節の老化とは、軟骨部分の構成成分(コラーゲン、カルシウム、ムコ多糖体)が減少してくることです。その原因として、これら構成成分の摂取不足や軟骨細胞の機能低下が考えられています。

 2.女性である

男性でもひざの痛みは起きますが、女性の方のほうが関節を取り巻く筋肉や建が弱い、骨が早くもろくなる。
変形性膝関節症で一番つらい症状は「痛み」。そのほかにも「水がたまる」「ひざが腫れる」といった症状が現れます。ひざが痛いと、階段の上り下りがつらくなったり、長い距離が歩けなくなったりします。ただし、これらの症状の現れ方や進み方は、人によって千差万別です。X線写真では膝関節の変形が相当進んでいるのに、症状がほとんどない人もいれば、逆にひどく痛むのに、X線写真では骨の変化はほとんど見られない人など、さまざまなのです。
ひざ痛専門薬局 ドラグハラダ 今まで300名以上の方から喜ばれています。あきらめないで下さい。必ずよい結果が出ます。

marquee

★★★病院に行ってもなかなか治らない「冷え性」「便秘」「ひざ痛」「腰痛」「夜間頻尿」「皮膚病」ご相談ください。★★★

 3.肥満(痛みの原因はさまざま)
コラーゲンハイグレード 冷え性・便秘・ひざ痛・腰痛・風邪・その他皮膚病など、私がお手伝い致します。

変形性膝関節症は「一次性」のものと、「二次性」のものに大別することができます。原因の多くは、筋肉の衰えや肥満、無理な動作など、多くの要因がからみ合ってひざへの負担となります。膝関節の軟骨がすり減ってしまい、発症するのです。このように、原因を明確に特定できないものを「一次性変形性膝関節症」といいます。
一方、けがや病気など、原因がはっきりとしているものを「ニ次性変形性膝関節症」といいます。ひざにかかる圧力が負担になる。ひざ関節は、全身の中で最も大きな関節です、太ももにある大腿骨とすねにある頸骨をつないでいます。階段から下りる時は体重の3倍の重さがかかります。体重をコントロールすることはひざ関節の負担を軽くする為にも必要です。

 4.ひざえの負担が大きいスポーツのやり過ぎ

どんなスポーツでもひざに負担がかかりますが、筋肉や建を鍛えないでのスポーツのやりすぎはひざを痛める原因になります。日常生活を見直しましょう。ふだんから、ひざへの負担をできるだけ軽くすることが大切です。
●正座は避ける
●肥満にならないようにする
●ひざへの負担がかかるような運動を避ける
●ひざを冷やさない
●よく温める
●大腿四頭筋訓練を行う
以上にあげた項目を参考にしてください。
しかし、がんばりすぎて症状が悪化したり、疲れて長続きしなかったりでは、効果がありません。自分の体力や症状を考えて、マイペースで少しずつ毎日の生活を工夫していきましょう。
冷え性・便秘・ひざ痛・腰痛・風邪・その他皮膚病など、私がお手伝い致します。

 5.O脚・偏平足・脚部の変形・外反母趾(体操で痛みを軽減!)
コラーゲンGスーパー 冷え性・便秘・ひざ痛・腰痛・風邪・その他皮膚病など、私がお手伝い致します。

日本人の足はO脚で偏平足の方が多いのです、生活習慣によるものですが、座り方など改善してO脚を治す努力する、かかとの高いハイヒールや先の細い靴は外反母趾の原因です。
自宅でできる簡単な運動療法としては、大腿四頭筋の等尺性収縮体操があります。膝関節を動かさずに大腿四頭筋を収縮させることで、大腿四頭筋を鍛えられます。同時に、関節軟骨の代謝も促進するため、柔軟性が増します。ひざが完全に曲がりきらない状態や、伸びきらない状態を予防するのにも効果的です。

 6.足に合わない靴・(軟骨の構成成分を回復させる)
ルミンA お問い合わせ下さい。価格のお問い合わせもここから。(クリック)冷え性・便秘・ひざ痛・腰痛・風邪・夜間頻尿・その他皮膚病など、私がお手伝い致します。

大きすぎたり、小さすぎる、足に合わない靴でジョギングなどをすると、ひざに負担をかけます。
特にかかとの高いハイヒールは外反母趾の原因にもなり、大きくひざに負担をかけます。ひざの痛みを軽減するためには、膝関節の中心である軟骨の構成成分を回復させることが大切です。
そのほか、関節の機能に大きな役割を果たしている周囲の筋肉も丈夫にしましょう。
筋肉や腱にはコラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンなどの栄養成分を、また、骨を丈夫にするためにはカルシウムをしっかり補給してください。



ルミンAは病気(冷え性、便秘、痛み、ぜんそく、アトピー、花粉症)に負けない体作りのお手伝いをいたします。
特選商品通販お問い合わせ下さい。

          03-3678-7110


漢方通販・漢方販売
膝痛を改善するには?>>
COPYRIGHT©2006 漢方通販・漢方販売の漢方相談ドラックハラダ ALL RIGHTS RESERVED.